パラレルパラダイス 第1話の内容について!ネタバレあり

パラレルパラダイス 第1話の内容について!ネタバレあり

ついに始まりました!2作品「エルフェンリート」
「極黒(ごくこく)のブリュンヒルデ」がアニメ化された岡本倫先生
の新連載「パラレルパラダイス」

ジャンプ系かと思いきや、週刊ヤングマガジンでの連載です!

最初に読ませてもらった感想は面白くて期待大です!これから楽しみ
でいっぱいです!

依頼があって書かれているので、編集さんとの相性もとても良さそう
な気がします!

週刊マガジンだとたまに編集の方が2人いる時があるのですが、
ヤングマガジンで岡本先生だとどうなんでしょうか?気になります。

パラレルパラダイス2話はこちら

それでは、内容に入っていきます!

 

画像引用元 https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=DOa12QMXyLF__Jd4ZFFnQmqSrEJ.kQqcveukXk81sS2w0u5AxyJCSV9gH__WGsSvHh.HIY_vIO_bapdZ4cXENelkRWsgdv8JOX9rjWXLO96iU8sR_yRBNvD8jw3l4ajBx40a7quxPo0ECQk2Qw–&sig=138gras57&x=300&y=168

スポンサーリンク




 

 

 

柱は、「SFの鬼才・岡本倫、ヤンマガ初登場&初連載!!」

次の見開きには美少女×異色ファンタジーとめいうたれています!

作者の岡本倫のところは、ヤンジャンだとたしか編集の方がlynnだったと
思います。

ヤンマガではRIN OKAMOTO PRESENTS になっています。
「気がつくと おれはいつも‥‥」「あいつの姿を 目で追っていた」

窓側の後ろの方の席から男子高校生が、右斜め前のかわいい女子校生を目
で追っているのが描写されています。

ここは「極黒のブリュンヒルデ」のプロトタイプ
「きみとこうかん」と同じ感じです。
そして柱文

「気になる彼女をこっそり目で追う。いつもと変わらない、今日ーー」

本文

「だけどあいつは幼なじみだ」「ずっと兄妹みたいに一緒に育ってきたんだ」

「今さらこの関係をどうこうするつもりもないし」
「そんなこと望んでもいない」

「ずっとそう思っていた」
そんな幼なじみを目で追っている男子高校生に茶々をいれるのが前の席の
男子高校生。

「おい陽太(ようた)仁科(にしな)ばっか見てんなよ

「はぁ!?」「バカ!!見てねぇよ!!」

思春期特有ならではのやりとり、「きみとこうかん」と違うのは、
女の子が孤立しているのではなく、友達と和気あいあいしており、幼なじみ
なこと。

主人公は陽太(ようた)、幼なじみは、仁科(にしな)と分かります。

茶々をいれるのはちょっと悔しそうな感じで、

「高校の同じクラスに仲のいい幼なじみがいるとか全くうらやましいことだな」

「別に仲良くなんかない!!」

と顔を赤らめていう主人公陽太(ようた)

それから茶々をいれた男子高校生は陽太のバッグを見て、今日も部活か?と

絵を見て正直なんの部活か分からなかったのですが、

「今時 剣道が何の役に立つのかわかんないけどさ‥‥親父の方針なんだよ」
「剣道と柔道を息子にやらせるっていう」

細かい所ですが、ヤンジャンだと「……」となるのがヤンマガだと「‥‥」
になっていますね。

高校だと選択授業で剣道か柔道かどちらかだと思うのに両方やらせてるって
なにか盲点みたいな感じで個人的な感想ですが、
岡本先生のやり方は上手いなあと思いました。

「なんで?」

「武術を身につけておけば将来社会に出て上司や同僚と対立した時でも
最終的には暴力でこいつに勝てるって思えることが自信に繋がるん
だとさ」

「‥‥なんか性格悪いな‥‥」
現実的な視点ですね。こういうセリフがやはり岡本先生らしさがでていますね!
「でも本当に嫌々だったら県大会で準優勝にはならないぞ」

「嫌々だよ」

「けど陽太のオヤジってゲームばっかしてるんじゃなかったっけか?」

「ああ作る方だけどな」

剣道か柔道かわかりませんが、準優勝の実力を持っていることが分かります。
優勝した相手がライバルみたいにでてくるのでしょうか?

それから陽太(ようた)のお父さんがゲームを作っている人だとわかります。

 

スポンサーリンク




 

「ん?」

と陽太は外になにか気づきます。

てるてる坊主をかぶった?またはハロウィンのお化けっぽいのに血がついたのが
校舎に近づいてきてるのを見て、

「なんだあれ?あんなとこで何してんだ?」
「迷い犬じゃあるまいし‥‥」

感想が迷い犬じゃあるまいしって(笑)

そのてるてる坊主が陽太に気づきます。

その瞬間陽太のすぐ隣にワープ!?して首を絞め、陽太を自身もろとも
つきおとす!

見ていた人は叫び、

落ちていく陽太は、

「‥‥‥マジかよ‥‥」
「なんで‥‥」
「こんなことになるならあいつに‥‥」

幼なじみの仁科に告白しておけばでしょうね。

地面衝突したと思いきや、なにか消え、裸の顔の見えない女性につかまれ、
時間がたつ。
リーンと音のする、暗い場所に陽太は目覚め、頭が痛たかったようで目覚め、

「なんだここ?」
「マジかよ‥‥もう夜とか‥‥」
「おれはこんな時間まで気を失っていたのか?」
「3階から落ちて死んだと思ったけど‥‥ケガ一つしてないな
ひょっとして無意識に受け身でも取ったのか」
「芸は身を助けるもんだ」

と。
そしてオヤジに連絡をと携帯をみるが圏外。とりあえず携帯の電波が
届く所へ行けばいいかと歩きだし、街明かりだと見晴らしのいいところ
から見ると、焦る陽太。

中世風のお城があり、空には月が2つ、そして3頭のドラゴンらしいのが
飛んでいた!

「赤と青のでかい月が二つ‥‥」
「紫色の夜‥‥」
「これがおれの夢や天国じゃないんだとしたら‥‥」
「ここはもう‥‥地球でさえないってことだ‥‥」

月が二つは、「ゼロの使い魔」で異世界を表現するのに使われていたの
を思い出しました。

「神隠し?異世界転生?」
「転生ではないか 別にいつものおれだし‥‥」

と事態を理解しようとしていると、

「さっきの光はこの辺だったわよね
どうせウィル・オ・ウィスプの喧嘩かなんかだと思うけど‥‥」

声が聴こえ、

ちなみに、ウィル・オ・ウィスプは光の精霊みたいな感じでファンタジー
によくでてきます。

「人がいる!?」

と焦る陽太。

そして次の瞬間美少女と出会う。肩に3本足の小鳥をのせた。
「え!?」

「まさかこれは‥‥」

「なんだ?」
「女剣士?しゃべる鳥?」

とおもちゃの鳥のように書かれている小鳥がしゃべり、女剣士は
陽太を怪しそうにジーーーーと見つめ、

「ホントにファンタジー世界かよ‥‥」
「しかし‥‥」
「どことなくあいつに似てる‥‥」

あいつとは幼なじみの仁科(にしな)でしょうね。

怪しんでみていた美少女ですが、真顔に戻り、自己紹介を、

「私はシーザー王国の聖騎士(パラディン)ルーミ」
「あなたも怪しいものでないのならその証(あかし)に
自分の名を述(の)べなさい」

「あ‥‥ごめん」
「おれの名前は太多陽太(ただようた)」

にびっくりの表情を浮かべる美少女と小鳥。

「みんなは敬意を込めてTHE SUNって呼んでるけどな」

敬意を込めてって(笑)こういうところ上手いですね!
太多の太と、陽太の陽、もしくは陽太の漢字をひっくり返すと太陽でサンですね。

「えっ‥‥その声」
「ねぇ‥‥ひょっとしてこいつ‥‥」

「ああ」
「間違いない」

「信じられない‥‥」

とさやからシャランと剣を抜こうとする。

「‥‥誰と勘違いしてるのか知らないけど人違いだよ」
「この世界に知り合いなんていないし」

「あんた!!」
「男でしょうがぁーーーーー!!」

と剣を陽太に向ける!

驚きながらも冷静に?

「あ‥‥うん‥まぁ男だけどさ‥‥
ひょっとして男子禁制だったのかこの山は?」

ガタガタと震える女剣士。

「男嫌いな神様を奉(たてまつ)ってるとか?」

顔を真っ赤にしながら、う~~~っ!!う~~~っ!となっている
聖騎士のルーミ。

心配する陽太。ついには、

「ねぇこいつを殺していい?」

「!?」

うおおおおお、殺そうとするか!ってなりますが、
「私は賛成しないね」
「君は地球から来たのではないのかね?」

「えっ!?」
「‥‥」
「地球を知ってるのか‥‥」
「案外話が通じるじゃねぇかこの鳥!!」

「ちょっとジーニアスは神様なのよ!!
鳥とか失礼なこと言わないで!」
「ジーニアスを食べても全然おいしくないんだから!!」

「‥‥お前の方がよっぽど失礼なこと言ってるだろ‥‥」

小鳥の名前が判明します。ジーニアス、絵がないのでわかりにくいですが、
とてもシンプルな描き方で、雰囲気というか、似てるのが、
「君は淫らな僕の女王」のまくらを寄り代にした神様っぽい雰囲気があります。

「ちょっとジーニアスは神様なのよ!!
鳥とか失礼なこと言わないで!」
「ジーニアスを食べても全然おいしくないんだから!!」

「‥‥お前の方がよっぽど失礼なこと言ってるだろ‥‥」

このやりとりは面白いですね!
木の枝から動くジェル状の物体がルーミめがけて飛びかかっているのに
気づいた陽太は、ルーミを「危ない!!」と引き寄せるとジェル状のもの
はルーミに当たらずつぶれ?ルーミは抱き寄せられると、真っ赤になり、
その次の瞬間、いやーーーー!!と陽太を突き飛ばし、
「あんた何すんの!?」
「私を犯 (おか)すの!?」

当然、

「はぁ!?おれはお前を助けようと‥」

「私を性的な慰(なぐさ)みものにして殺 そうとしたのね!?
カルたちみたいに!!」
「だから男なんて大嫌いなのよ!!
やっぱり殺すーーー!!」

「‥‥だったらほっときゃ良かった‥‥」

 

 

スポンサーリンク




に、ん?とルーミを見ると

ビュルビュルビュル と
股間から流れるものが
「ちょまぁあぁあぁぁああああぁあーーーーーっっっ!!」

必死に隠そうとするルーミ。

「え‥‥どうしたのお前急に‥‥?」
「漏(も)らしたの?」

「見るな見るなバカーー!!」
「あっち行ってろ!!」

「それは「欲情の泉」と言われる粘液だ」

「欲情の泉ーー!?」

「この世界の女は発情すると生 器から大量に粘液を分泌するのだよ」

「えっ‥‥発情って‥‥」
「なんでお前急に発情してんの?
男が嫌いとか言っておきながら‥‥」

「うるさいうるさいうるさい!!」
顔を赤らめながら言い合う二人。
「ってかあんたバカなのっ!?
余計なことを言うなこのクソ鳥!!」
とジーニアスの首をしめるルーミ。死にそうなジーニアス。
その言葉に対して、

「お前さっきそいつは神様だって言ってなかったか」

流れるようなやりとり上手いですね!
羞恥心から、カーーーーッと毅然となり、

「見くびらないで!!」
「私はシーザー王国の聖騎士よ!!初めて会った男なんか好きにならないし
まして発情なんて断じてしない!!」

とキリッと表情を引き締めるが次の瞬間、陽太がルーミの手をしっかり
握ると、ルーミの股間が!ビュルビュルビュルと。

「あははははは!!」
「体は正直だな!!」

と大笑いする陽太。
顔が真っ赤で呆然となるルーミ、しゃがみこみ、陽太に握られた手を
見つめ、その手を工口くチュパチュパと舐めだす。

その様子をみた陽太も真っ赤になり、

「なんなんだこいつ‥‥」
「チョロすぎだろ‥‥」

次の瞬間、ジーニアスがおい!!ルーミ!!と叫び、

翼をもった怪獣が!!!

「!?」
「リザード」

剣を持つが弾かれ、
まさに喰われようとしたその時、陽太がリザードの首筋をルーミの剣で
斬る!

ひるむリザード、

「お前騎士なんだろ?だったら剣を落とすなよ」
「剣道でだって反則になるぞ」
「後は騎士さまに任せた」
「おれはアマチュア剣道部員だからな」

にドキっとなるルーミ。
「ルーミ!」
「来るぞ!!」

「わかってる!!」

陽太から剣を受け取って顔も引き締まり、剣を奮うと
切り裂き、リザードは光の粒子となって消えた。

そのすさまじさに陽太は「‥‥」「すっげ‥‥」

ルーミは息をはきながら、
「なぜ私を助けた?」

「なぜ?」
「この世界じゃ女の子を助けるのにいちいち理由がいるのか?」
「女の子を守るのが男の役目だろ」

と決めると!

顔を真っ赤にしてルーミがビュルビュルっと発情し、
「もうっ‥‥」
「ダメ‥‥」
と陽太にキスをし、押し倒す!
驚く陽太。

「ちょっ‥‥!?今のおれのファーストキス!!」

「うるさい!!」
「わた‥‥」
「わた‥‥」
「わたしだってそうだよ‥‥」

と舌を入れようとする。

「まっ‥‥待て!!」
「いくらなんでもお前チョロすぎるだろ!!」

に、
「免疫がないのだよ」
「この星にただの一人も男はいないのだからな」

「‥‥」
「は?」

「人間の男がいないのだよ」
「ここから見えるあの城にも‥‥」
「街にも女しかいない」

「‥‥」
「そんな‥‥」

「何千年もその状態が続いている
だからもはやこの星の女は遺伝子レベルで男に対する免疫がないのだ」
「人間の男よ」
「だからこれはお前の使命だ」
「まずはこの女と生殖行為をしろ」
「つまり交尾だよ」
「知ってるだろう」
「話はそれからだ」
とこの星のことが明かされます。なんて工口ゲー!

展開予想として、まあ交尾できないでしょう。新しい女性がでてきて
邪魔すると思います。

お父さんがゲームを作っているので、その世界じゃないかなと考えて
みます。
柱文に、

「迷い込んだ謎だらけの世界。
出会ったばかりの美少女騎士とイキナリ初交尾!?」
で、「パラレルパラダイス」第1話が終わります。
もう1話から引き込まれました!これからの展開が楽しみです!
登場人物をおさらいしますね。
主人公 …… 太多陽太(ただようた) 剣道と柔道を学び県大会準優勝。
敬意を込めてTHE SUNと呼ばれて
いるとか。
父親がゲームを作っている。
幼馴染みの仁科(にしな)が好き。

仁科(にしな) …… 陽太の幼馴染み。

てるてる坊主かぶったの …… 陽太を異世界へ

ルーミ …… シーザー王国の聖騎士(パラディン)。仁科(にしな)
に似ている。しゃべれる小鳥のジーニアスを連れている。

ジーニアス …… しゃべれる小鳥。ルーミといる。

カル …… まだ正体不明。女性を殺そうとしている?
巻末の作者コメントは、

「初めまして。よろしくお願いします。
好きなお寿司のネタはえんがわです。」

 

以上が、パラレルパラダイス 第1話の内容について!ネタバレあり

についてになります。

お読み下さりありがとうございました!

パラレルパラダイス2話はこちら

 

スポンサーリンク




おすすめ記事



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です