パラレルパラダイス12話の感想と内容、ネタバレあり、岡本倫作

パラレルパラダイス12話の感想と内容、ネタバレあり、岡本倫作

パラレルパラダイスの12話の感想と内容になります。

ネタバレありますのでご注意を。

 

ヤングマガジン公式ツイッターからです。

 

 

 

先週のは1週間限定でこちらで読めます。

こちらでの前回はこちら。

こちらでの次話、13話はこちら。

 

前話まで

 

それでは、前話までです。

「美少女ばかりの異界に迷い込んだ陽太は、
神鳥(ジーニアス)にこの星唯一の男だと告げられる。

騎士ルーミと共に町に来た陽太は、
ルーミに続きリリアも発情させる。

ルーミは陽太の存在を同僚の騎士たち(クインテット)と
共有することにした。

神鳥(ジーニアス)から、
呪いで女は交尾しないまま成人すると死ぬ、
という真実を聞いた陽太は、
ルーミを救うべく人生初の交尾をする。

だが、
それをリリアに見られていて!?」

それでは本編へ!

 

 

表紙は弓使い(アーチャー)らしく、
今まさに矢を放とうと狙いをつけている凛々しいリリア。

 

スポンサーリンク




 

 

「かわいいは性 技‥‥
じゃなくて、正義!」

と楽しい?文言。

あおりは、

「みだらにはじける!
異色SEXYファンタジー!!」

そして、

第1巻 8月4日(金)発売予定!

なんと特装版制作決定!!!

とのことです!

最初の柱文は、

「交尾のおねだりが叶ったリリア。
ヘンタイっ娘(こ)の本領発揮か!?」

あおりがさすがですね!

 「んじゃ今から交尾してやる」

に心臓が跳ね上がるリリア。欲情の泉がビュルビュルと!

勢いが加速し、

「ヨータ‥‥ボク見たいんだ‥‥」

勢いに押される陽太。

「は?何を!?」

「ヨータ‥‥ヨータの‥‥」
「おsdふぁsdがsdfdfさdふぁ」

 「わかんねぇよ!!」

確かにわかりませんね^^;

陽太を突き倒すリリア。

シュルルルと陽太のズボンをずらすリリア。

 「おいっ‥‥!!」

陽太のモノを見つめて、ぷにぷにと触れるリリア。

 「(あかん‥‥
  恥ずかしい‥‥)」

「‥‥」
「硬い‥‥」
「これは骨が入ってるのかい?」

「痛たたたた!!
  曲げるな!!」

フェ ラをはじめるリリア。

「おいひぃ‥‥」

 「それは良かった‥‥」
 「おれも気持ちいいし‥‥」

欲情の泉はさらに増し、

「(こいつフ ェラして興奮してるとか‥‥
  どんだけエロいんだよ‥‥)」
 「(リリアのシトラスの香り‥‥
  気持ちいい‥‥)」

さらに、

「せーし飲みたい」

 「は?」

「せーしって言うんでしょ?
ボク勉強したんだ
男の人は気持ち良くなるとせーしが出るって」

 「‥‥‥何の勉強だよ」

とつっこみを忘れずに!

「ボクに飲ませて」

とやさしく モノをふれながら。

 「‥‥」
 「それじゃ頑張っておれを気持ち良くしてくれ」

するとまたもや凄い勢いで、吸い出し、

「(舌の動きと‥‥喉の締め付けで‥‥
  なんだこれ‥‥)」
 「(気持ちいい‥‥)」

と恍惚の表情。

 「(こいつすごい喉の奥まで‥‥嘔吐(えず)かないのか?)」

に神鳥(ジーニアス)の言葉を思い出し、

「この世界の女は男を求めるために変化をしたのだよ」
「いざ男が現れたときにスムーズに
受け入れられるようにな」

 「(これもそうなのか‥‥)」
 「(それとも単にリリアの特性なのか‥‥)」
 「(ずっと‥‥こうして欲しいのに‥‥)」

 

「ダメだ‥‥」
 「もう出そう」

「出ひて‥‥」
「出ひて‥‥」

とついに‥‥。

飲み込むリリア。

「(やばい‥‥
  気持ちいい‥‥)」
 「(こんな‥‥病みつきになる‥‥)」

「おいしい」
「もっと飲みたいよ‥‥」

「(この世界じゃ‥‥歯止めがきかない‥‥)」

そして前のときのように広げ、

「交尾してよ‥‥
ヨータ‥‥」
「せーし‥‥」
「ボクの中にたくさん出してほしいんだ‥‥」

「ああ‥‥」

スポンサーリンク




 

 

 

いざというところでここで、バタンと扉が、

「リリア様!!」

モナとリナが、大変です、どこですかと、

あわててパンツをはく二人。

「どうしたんだい!!」

「リリア様!!」
「カルが2体現れました!!」

「山へ山菜採りに入ったユウリの班が‥‥!!
襲われて!!」

「2体も同時に!?」

ここでついにカルの事が、2体も同時にということは、
通常は1体ででることが多いんでしょうね。

「ルーミ様が今向かっています!!」

「でもお一人では‥‥!!」

「わかった!!ボクもすぐ行く!」

 「‥‥‥」

 

「近づくな!!」

とヤリをかまえるユウリ。
ユウリの後ろに3人の女の子。班は4人なのでしょうか。

 

ついに出てきたカルは

筋肉質で、マスクをかぶったような人型。
よくでてくる宇宙人のようなのに、口が菱形で怖い雰囲気
があります。

ユウリたちに近寄ってくるカルたち。

「大丈夫!!」
「私が絶体守るから」
「(そのためにずっと練習してきたんだ‥‥
このランスさえあれば‥‥)」
「(絶体負けない!!)」

と気合を入れてランスをつきだすが、

カルは手のひらでヤリの穂先なのにつかむとヤリの
さきを粉々に。

ユウリに近寄るカルたち。

涙目のユウリは次の瞬間服をはぎとられる。

一方ルーミは「(間に合って)」
と走っているが、

カルたちはユウリを慰 みものに。

そしてカルがギロっと目を動かした先に、
3人の女の子が。

ラストの柱文は、

「少女たちの天敵・カル、ついに現る!!」

 

3人が犠牲になる前にルーミが現れるんでしょうね。
陽太もじきに追いついてくるでしょう。

カルにやられたユウリがどうなっていくのか
次週明かされますね。

以上が、パラレルパラダイス12話の感想と内容、ネタバレあり、岡本倫作
についてになります。

こちらでの前回はこちら。

こちらでの次話、13話はこちら。

お読み下さりありがとうございました!

スポンサーリンク




おすすめ記事



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です