パラレルパラダイス19話感想と内容、ネタバレあり、岡本倫作

パラレルパラダイス19話感想と内容、ネタバレあり、岡本倫作

パラレルパラダイス19話「ダークナイト」」
になります。

今回は韻をふんではいませんでしたね。

ヤングマガジン公式ツイッターからです。

 

期間限定の前話はこちら。

こちらでの前話はこちら。

こちらでの次話、20話はこちら。

 

第2巻は2017年11月17日(金)発売予定になっています。

「君はみだらな僕の女王」の2巻も同時発売ですね!

 

前回まで

 

 

それでは、柱文の前回までです。

「女の子しか存在しない異世界に迷い込んだ陽太は、
ミースの町を仕切る騎士団(クインテット)
のルーミたちと出会う。

神鳥(ジーニアス)から
「処女のまま成人すると死ぬ」
という呪いの話を聞いた陽太は、
まずルーミ、ミサキと交尾を終えた

さらに火燐石採掘場での野営の夜、
モモに両腕を縛られて‥‥!?

 

 

それでは、本編19話になります。

 

 

今話は表紙はないですね。すぐに話へ、

 

スポンサーリンク




 

 

最初の柱文は、

「火燐石(かりんせき)入手ミッションを終えた夜。
モモに両手の自由を奪われて‥‥!?」

 

19話本編

 

 

「悪いけど‥‥」
「私と交尾してもらうわ」

と前号の引きから始まります。

それに対して陽太は、縛られているのに対し、

「別に今こんなとこで縛らなくても‥‥
明日街に帰ったらいくらでも交尾してやるよ」

「ダメ」
「あなたひょっとしたら」
「明日死んじゃうかもしれないじゃない」
「だいたい自分の命をあなたの気分なんかに
左右されたくないから
私は用心深いの」

モモのSの部分がでてきていますね。

「さて」
「みんなが夢中になるっていう
噂の男に触ってみようかしら」

モモが陽太の両手を縛るときに発情しなかったのは
腕までのある手袋、ドレスグローブというのでしょうか、
アームカバー手袋というのでしょうかをしていたからで、
手袋をしていたら触れても発情しないようです。

モモはドレスグローブを外し直に陽太の頬に触れると、
電撃が走ったように、欲情の泉が溢れ、
理性を失ったように陽太にキスし、舌を入れる。

「(驚きだわ‥‥
自分にこんな感情が芽生(めば)えるなんて‥‥)」

欲情の泉はさらに溢れ出し、

「(私‥‥)」
「(めちゃくちゃ発情してる‥‥)」

目はグルグル状態へ、

それに対し、陽太は、普段通り、

「お前さ‥‥いつまでおれの舌吸ってるんだ?」
「交尾しなくていいのか?」

モモは言う方は攻撃的だが、言われるのは、やはり癪にさわる感じで、

 

スポンサーリンク




 

 

「‥‥‥」
「わかってるわよ!!」

と下を脱ぎ、

陽太は腕を縛られているので、陽太の下を脱がせ、モノを見ると、

「ここここここ
これに入れるの?」

「そうだよ
動物の交尾は見たことあるんだろ」
「おれは縛られて動けないからさ
お前が動物みたいにがんばれ」

その言葉にちょっとむっとした感じになりながらも、
そうするしかないので、

陽太のクビに手を回し、自分から乗っかかり、重なると、

「(えっ‥‥!?)」
「(どうしようこれ‥‥)」
「(想像してたよりも‥‥ずっと気持ちいい‥‥)」

と、あああああああ!!と声をあげ、

「(ダメ‥‥止められない‥‥)」
「(体が勝手に‥‥快感を求めて動くなんて‥‥!!」

モモが叫んでいるのもあってかクインテットの他の3人も
寝転びながら起きており、ルーミは少し哀しそうに、

ミサキとハルは特に表情を変えず。

モモの様子に相変わらず冷静な陽太。

「何だよお前
普段お高くとまってるくせに
めちゃめちゃ必死に腰振ってるぞ」

「黙ってて!!」

「偉そうなこと言ってる割に
自分の性欲に正直な女だなぁ」

「いいから黙ってて!」
「ダメ‥‥イキそう‥‥」

「それは良かった
おれももう出そうだし」

「やだ!!私の中に変なもの出さないで!!」

「そんだけうごいておいて無理言うなよ‥‥」

と呪いを解くとされる行為を終えると、

モモは倒れ、気を失ったように、クビにルーミや、
ミサキのようにアザができる。

「おつとめ終了」
「今回は腕を縛られて何も出来なかった分逆に楽だったな」
「それでモモさんちょっと」
「この縄ほどいて欲しいんだけど」
「おれ下半身丸出しだしさ」
「あの‥‥モモさん」

モモは気を失っており、

「‥‥‥」
「おいおい‥‥」
「ひょっとして朝までこのまま?」

とオチがついたところで、この場面は終了。

単行本で加筆がありそうなところですね!

ミースの街に戻った5人。

街は襲撃されているかなあという予想もしてたのですが、
特に何もなかった模様。

「お帰り」

と満面の笑みで出迎えるリリア。

「担(かつ)いでるのみんな火燐石(かりんせき)かい?」
「沢山持って帰って来れたね!!
重かったでしょう?」
「ゆっくり休むと‥‥」

と言おうとするとリリアはミサキとモモの首筋に気づき、

ミサキ、モモはリリアに顔をそらし、

「‥‥‥」
「えっ?」
「ちょっと待ってちょっと待って‥‥」
「なんでミサキとモモにそのアザが?」

と震えだすリリア。

ミサキ、モモ、陽太も顔をそらし、

「ヨータ‥‥
ミサキとモモとも交尾したの?」
「なんで‥‥?なんで‥‥」
「私にはしてくれないのに‥‥」

リリアは涙があふれ、

「うっ‥‥」
「うわーーーーんひどいよひどいひどい!!」

とショックでその場にいられなくなり駆け出す。

「待て!!リリア!!する!!交尾するから!!」

と追いかける陽太。

何も言えず立ち尽くすルーミ、ミサキ、モモ。

ハルは、

「なんなんだどいつもこいつも‥‥」

寿命のことがあるのに、勝手にやってろとオチをついたところで、

パラレルパラダイス19話終わりです。

ラストの柱文は、

「先を越されまくりのリリア。
チャンスはまだ‥‥ある?」

リリアはあっさり事後処理でページさかずに終わらせるかなあ
と予想します。

次回はとってきた火燐石を使ったところが見られるか、
<嫉妬深い神>についての情報を得るため、海の街、リールに
ついているかですね。海の街はどんな感じか楽しみですね。
そしてどんなモンスターがいるのか?

以上が、パラレルパラダイス19話感想と内容、ネタバレあり、岡本倫作
になります。

こちらでの前話はこちら。

こちらでの次話、20話はこちら。

お読み下さりありがとうございました!

スポンサーリンク




おすすめ記事



 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です