パラレルパラダイス!ネタバレ43話「LONG LONG NIGHT」の感想!

パラレルパラダイス!ネタバレ43話「LONG LONG NIGHT」の感想!

パラレルパラダイス!ネタバレ43話
「LONG LONG NIGHT」の感想!
ヤンマガ(漫画)より、岡本倫作

についてです!

ちなみに
次号はお休みで、パラレルパラダイスの次話は、
5月21日(月)発売のヤンマガ25号です。

期間限定の前話はこちら。

こちらでの前話、42話はこちら。

こちらでの次話、44話はこちら。

岡本倫先生のツイッターからです。

あとフライデーダイナマイトに岡本倫先生のインタビューが!

載せ忘れた前のヤングマガジン編集部のツイッターからです。

 

前回まで

 

前回まで

前回まで

「少女しかいない異世界に迷い込んだ陽太は、
彼女たちが20歳までしか
生きられない呪いにかかっていることを知る。

呪いの元凶
<嫉妬深い神>を倒すため、
聖騎士(パラディン)ルーミと海の町リールに来た陽太は、

非処女にしか見えない謎の少女・ノアを救うべく、
水晶の欠片を探す。

ノアを見たいティア、ピナコと交  〇した陽太は、
大干潮が世界の秘密の鍵を握ると知る。」

です。

それでは、
パラレルパラダイス43話「LONG LONG NIGHT」になります。

ネタバレが大丈夫な方は本編へ。

 

 

 

43話「LONG LONG NIGHT」

 

スポンサーリンク




表紙は、ハナハナの正面のバストアップ。

煽(あお)り文は、

「この想いで、胸、
はちきれそう‥‥!」

最初の柱文は、

「町を挙げて水晶の欠片を探すも見つからず‥‥。

大干潮の刻(とき)は迫る。」

砂浜を全て掘ったが結局というか当然
ノアの探す水晶の欠片はありません。

「ハナハナ大干潮は何時頃なんだ?」

「えと‥‥」
「計算では夜明け前の
ラファの白刻(はっこく)頃です」

「(ラファの白刻‥‥)」
「(午前3時か)」

時刻のことがでましたね。
次も、

「普段の大潮よりも潮が引き始めるのは?」

「どの程度潮が引くのかわからないのですが
恐らくガブの白刻頃かと‥‥」

「ってことは潮が引いて今まで
掘ってない場所が現れる午前1時‥‥
じゃなくてガブの白刻から大干潮が起こる
ラファの白刻までの2時間が勝負だな」
「よしそれじゃそのタイミングで全力で捜索だ」
「それまで体を休めよう」

と決め、風呂か水浴びかから部屋に戻ろうと
すると、部屋には、計算をしているハナハナの
姿が。

「今日の大干潮がいつまで続くかの
計算をしていたんです」

「わかったのか?」

「それが‥‥」
「あまりにも資料が少なすぎて‥‥」
「私がつけていた潮汐(ちょうせき)の記録だけじゃ
どうにも‥‥」

20歳までしか生きられないので、陽太も、

「(‥‥‥だろうな)」
「(この世界は‥‥)」
「(文字が残っていない上に寿命も短い)」
「(こうしてガーディアンたちが滞りなく
街を運営出来るだけでも奇跡みたいなもんだ)」

と陽太が考えていると、

ハナハナはヨータと二人きりということに気づくと
欲情の泉が。

「お前‥‥なんで発情してんの?」

「ちっ‥‥」
「違いますこれは‥‥」
「尿です!!」

とテンパってハナハナは(笑)。

「‥‥それでもおかしいだろ‥‥」

スポンサーリンク




そのあと、陽太は、

「(‥‥‥あれ?そういえば‥‥)」
「(触れる前からおれに発情した女の子って‥‥
ハナハナだけじゃないのか?)」
「(それに‥‥)」
「(ハナハナは‥‥おれが男だって
わかる前から好意を持ってくれていた‥‥)」

陽太がそんなことを思っている間も、
ハナハナの欲情の泉はジュルジュルと。

「(ハナハナとめっちゃ交  〇したい‥‥)」

と陽太は純粋に好きになった感じですね。

ハナハナは欲情の泉が止まらないので、

「それじゃ失礼します!!」

と去っていきました。

陽太は、ハナハナの欲情の泉の匂いをかぐと、

「メロンっぽい‥‥ウリ系の香り‥‥」
「なんでだよ?」

陽太はだんだん、

「(‥‥ハナハナと〇  尾したい)」
「(〇  尾したいけど‥‥)」
「(一応ルーミと付き合ってる
ことになってるからな)」
「(出来そうだからやるなんて
不誠実なことも出来ないか)」
「(ハナハナを追いかける理由もないし‥‥)」

と思っていると、ハナハナの忘れ物がありました。

陽太の方が発情したような感じになってました。

ハナハナは自分の部屋に戻りベッドで足をバタバタさせて、

「静まれ~!!静まれ~!!」
「私の〇  い よ く!!」

となっていました。

「私‥‥」
「どうしてさっき逃げ出しちゃったんだろう‥‥」
「(‥‥きっと怖かったんだ‥‥)」
「(理性をなくして行動しそうな自分が‥‥)」

と思っていると、突如ノックの音が。
ドアを開けると、陽太が顔を赤らめながら
ハナハナの忘れ物を届けに。

お互い顔を赤らめているが、
陽太は用事をすませたので帰ろうとすると、

「ヨータさん!!」
「あの‥‥」
「お茶でも‥‥いかがですか?」

その言葉にハナハナの部屋に入り、
お茶を飲んでいると、
隣にきていたハナハナは涙が流れていました。

「どうしたんだ?」

「ダメなんです‥‥」
「私‥‥
ダメな子なんです‥‥」
「ダメだってわかってるのに‥‥」
「ヨータさんと‥‥〇  尾したくて
たまらないんです‥‥」

とはっきり伝えました。
その言葉に陽太はさらに顔を赤らめ、
ハナハナとキスをしたところでおしまいです。

次号お楽しみ間違いなしですが、

次号はお休みで、パラレルパラダイスの次話は、
5月21日(月)発売のヤンマガ25号です。

ラストの柱文は、

「高まる欲情、
抑えきれない衝動。

もう、理性じゃコントロール不能!」

以上が、パラレルパラダイス!ネタバレ43話
「LONG LONG NIGHT」の感想!
ヤンマガ(漫画)より、岡本倫作

についてです!

こちらでの前話、42話はこちら。

こちらでの次話、44話はこちら。

お読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク




おすすめ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です