古見さんは、コミュ症です。ネタバレ146話、147話、148話の感想!

古見さんは、コミュ症です。ネタバレ146話、147話、148話の感想!

古見さんは、コミュ症です。
146話、147話、148話の感想!
についてになります。

途中空いていますがすみません。

前話、145話はこちら。

それでは、本編へ!

 

 

第146話「不良です。2」

 

スポンサーリンク




新入生が入ってくるということなんですが、
なんやら変な展開?

柱文は、

「コミュ症美少女の成長を紡ぐ、
可愛さと静謐さを湛えた物語…に、
違う漫画のような怖さを纏った新入生達!!」

と新一年生のキャラクター紹介が、

「素手喧嘩(ステゴロ)捨野五狼(すてのごろう)」

「極楽道中(ヘヴンズドア)極堂一(ごくどうはじめ)」

「蛇蠍紅蠍(スコーピオン)浜木八重(はまきやえ)」

「自縄自縛(ブラッドチェーン)九沙理蒔苗(くさりまきな)」

なにやら1年生のボス集団みたいです。

「(1年四天王と呼ばれる武闘派集団…!!)」

「あー。二年の先輩方。」
「この学校のテッペンは、」
「俺たち一年が獲るんで。」
「夜露死苦(よろしく)」

という展開です。

しかし、この学校にもすでに四天王がいるらしく、
こちらは?コミカルに。

「機械人形(アンドロイド)の安銅(あんどう)」

「英会話教室(エイリアン)のリュー。」

「燃える血(バーニング)の根津野。」

「生徒会長(トップオブザワールド)の伊蝶。」

会長はちょっと覚えてないですが、根津野さんは
登場しましたね。

前に2キャラがネタキャラっぽく気になりますが、
今回はでてきません。

そして、

「そしてその四天王すら手を出せない裏番長。」
「ええ。
確かな情報筋から聞きましたよ。」

とでてきたのが、

「不可侵領域(ディスコミュニケーション)の古見。」

とここは古見さんが出てきますね。

情報源はなじみです。

しかし、やばい人たちに古見さんに向かうって
たしかにどんな展開にしていくのかってなりますね。

「たのもぅ!!」
「古見ってのはい…」

と二年の教室にはいる4人。

異様なオーラから

片居くん。を古見さんと。

たしかに不良っぽいですね片居くん。

捨野が近づいてくるので只野くんが、

「…あの、えっと…」
「君は…?」

「子分はどいてな。」

と子分あつかいに。

「よぉ…古見ィ。」

に古見さんは後ろを振り向く。

4人は片居くんが古見さんと思っているので、

「(シカトぶっこきやがっ)」

と怒りのオーラが。

片居くんを取り囲む4人。
見られていて怖がる片居くん。

「おい古見ィ…!」
「聞いたことぐれぇあんだろ…」
「俺は素手喧嘩(ステゴロ)の捨野五狼(すてのごろう)だ。」

しかし聞いたことなく。
誰も知らないことにショックを受け、

「そうか…」

「(帰った…!!)」

去りました。

自分の教室で他の3人に

「そ、そんな落ち込まないでください!」

「多分知ってたって!」

「大丈夫 大丈夫!!」

で146話はおしまいです。

今回は3話あります。

スポンサーリンク




それでは147話「不良です。3」

表紙に古見さんが不良っぽい格好なのは貴重ですね。

古見さんの下駄箱に果たし状を入れる捨野。

「(体育館裏で待つタイマンだ。)
一人で来い。    捨野)」

「これで邪魔なく闘(や)りあえるぜ。」

「ええ。捨野クンの力、見せてやりましょう。」

「捨野にかかればイチコロだぜ。」

と気合十分。

最初の柱文は、

「誤解発生中。

なぜかこういう時は、
なかなか解けません。」

しかし、古見さんには近づけないようにする
人達がいるので、

古見さんの下駄箱のものを捨てる人が。
(名前忘れてしまってすみません><)

なのでまちぼうけの4人。

で、147話「不良です。3」はおしまいです。

続けて148話「不良です。4」

先ほどからの続きですね。

柱文は、

「実力行使で誤解を解くしかない!」

と「あの野郎!!」「巫山戯(ふざけ)やがって!!」

「卑怯だろうが姑息だろうがもういい!」
「一発ぶん殴って俺をいう存在を
わからせてやる…!!」

自販機でジュースを買う片居くんと只野くん
を見つけました。

問答言わずに片居くんに攻撃する4人。

しかし漫画的で運良くかわしていく片居くん。

苛立ちが募った4人。
特に、捨野。

「それは高揚高校の
まぁくん&しーちゃんズを一撃で沈めた…」
「狩装通貨(コインビット)」!!」

「(小銭を握るとパンチ力が強くなる。」

片居くんの腰のあたりにヒットするが、

「地球」

というくらいの固さみたいで、

その実、片居くんは、

「(痛い…)」
「(なに…?)」

握っていた小銭が落ちて、

「(あっ、自動販売機に
小銭忘れたの届けてくれたのかな?)」
「ありがとう。」

4天王は

「カツアゲされた…!」

まあ自業自得的なオチですね。

「(その後、一年生の間で
「古見さんはやばい」
という噂が流れた。」

ラストの柱文は、

「武闘派四天王。

完全敗北!

古見さん(片居くん)
無自覚に完全勝利!

だが全て完全な誤解!

そして不可侵領域へ!!?」

以上が、古見さんは、コミュ症です。
146話、147話、148話の感想!
についてになります。

お読み下さりありがとうございました。

スポンサーリンク




おすすめ記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です