パラレルパラダイス!ネタバレ49話「Scream/Dream」の感想!

パラレルパラダイス!ネタバレ49話「Scream/Dream」の感想!

パラレルパラダイス!ネタバレ49話「Scream/Dream」の感想!
ヤンマガ(漫画)より、岡本倫作

についてです!

最新第4巻は、

7 月 6 日(金)発売予定になっております。

期間限定の前話はこちら。

こちらでの前話、48話はこちら。

こちらでの次話、50話はこちら。

岡本倫先生のツイッターからです。

エルフェンリートを思い出しますね!

ヤングマガジン編集部の公式ツイッターからです。

次号は巻頭カラーにパラレルパラダイスコスプレ企画と楽しみです。

 

前回まで

 

前回まで

「少女だけが存在する異世界に迷い込んだ陽太は、
彼女たちにかかった短命の呪いを解くため、
<嫉妬深い神>を倒す旅に出た。

海の町リールで化け鯨(ケートス)と戦闘になり、
脇腹を負傷し、
意識を失う。

目覚めると現実世界に戻っていた。」

です。

それでは、
パラレルパラダイス49話「Scream/Dream」になります。

ネタバレが大丈夫な方は本編へ。

 

 

 

パラレルパラダイス49話「Scream/Dream」

 

スポンサーリンク




表紙はおさなじみの仁科さんが椅子に座っています。

煽(あお)り文は、

「小さい時も、いっしょ。
これからも、いっしょ。」

化け物(ケートス)に左のお腹を喰われて
死んでしまったと思ったら、

現代の病院で寝ていた陽太。
しかし、左手と右足はなくベッドの上に。

最初の柱文は、

「戦闘中に大怪我をした陽太。

目覚めるとそこは、
元いた現実世界だったーー」

おさななじみの仁科さんがお見舞いに
こられています。

「夢を見てた‥‥」
「長い‥‥
夢を‥‥」

「‥‥‥陽ちゃん‥‥」

「おれはどのくらい寝てたんだ?」

「1ヵ月くらい‥‥」

1ヵ月も寝ていたんですね。

左手と右脚がないことを認識し、

仁科は先生を呼びに。

先生は病室に、陽太に説明を。

「幸い脊髄(せきずい)などの
神経系に損傷はない」
「頑張ってリハビリすればもちろん
以前よりは不便だが
日常生活に戻ることも出来る」
「今はいい義手や義足があるからね
なんにせよ意識が戻って良かった」

とのことで、
その後、

「君は彼女に感謝した方がいいよ」

と仁科のことにふれ、

「君の意識が戻らない間
ずいぶん献身的に君の看護をしてくれた」

に仁科は照れた感じ。
仁科との関係気になりますね。

「悪いな仁科‥‥
色々迷惑掛けたみたいで」

「ううん」

「オヤジは?」

「出張中
さっき連絡したけど
病院に来れるのは明日になるって」

のあと仁科はたずねます。

「陽ちゃんどうして飛び降りたの?」

「は?」

「何が辛かったの?
どうして私に何も話してくれなかったの?」

「ちょっと待てちょっと待て!」
「違う!おれは突き落とされたんだ!!」
「自分で飛び降りたわけじゃない!」

「突き落とされたって誰に?」

「誰にって‥‥」
「ズタボロな巨大人形に‥‥」

「‥‥‥」
「そんなの誰も見てないよ」
「陽ちゃんが後ろ向きに
窓から自分で落ちたんだよ」

「‥‥‥」
「(あいつは‥‥他の人には見えないのか‥‥)」

と血まみれてるてる坊主は他の人には
見えていないんですね。
なのでか、

「また飛び降りるの?」

「はぁ!?」
「飛び降りるわけないだろ!!」
「バカ!!」
「本当におれは突き落とされたんだ!!」

「‥‥‥」
「それじゃ約束してくれる?
もう飛び降りたりしないって」

「当たり前だ
頼まれたってしないよ」

「‥‥‥」
「約束だよ」

と指切りを。
可愛くていいですね。

「約束する」
「(‥‥‥やっぱ発情しないか‥‥)」

今まで今までだったんでそう思う流れですね。
さらに、

「ねぇ夢を見てたって言ってたよね
どんな夢?」

と聞かれてしまい、

「えっ?」
「‥‥‥」
「とても口には出せないくらい恥ずかしい夢だ」
「自己嫌悪だわ」

「えっ?」

さすがに言えないですね。

その後、

「(眠ってたのが1ヶ月くらいなら‥‥)」
「(大体あの世界で過ごしていた時間と
一致するのか‥‥)」

なんですね。

「(それじゃ今この瞬間も‥‥)」
「(あいつらはまだ化け鯨(ケートス)と
闘っているんだろうか‥‥)」
「(バカかおれは)」
「(あれは夢だおれに都合のいい
夢の世界だ)」
「(だからもう‥‥)」
「(ルーミ達には会えない‥‥)」
「(全部‥‥おれの夢なんだから‥‥)」

と思いながら目には涙が。

仁科の表情はなにか意味深にも見えますが
自然な感じにも見えます。

陽太はスマホで化け鯨(ケートス)のことを
調べ出しました。

「そうか化け鯨(ケートス)は
メデューサの首で石にされたのか」

「(でも‥‥)」
「(あの世界にメデューサなんているのか?)」
「(そう言えばあいつの腕石だったな)」
「(だからどこかにはいるんだろう)」

仁科は席を外し、
陽太はさらに調べ、

「へぇ‥‥メデューサは‥‥」
「場所によっては太陽と同じように
豊穣を表す意味があるんだな‥‥」

「「夜の海岸は魔物が出るから危険よ」」(ティア)

の言葉を思い出し、

「ひょっとして‥‥」
「(化け鯨(ケートス)の弱点はメデューサ‥‥)」
「(それはつまり太陽ってことじゃないのか?)」
「(化け物は夜にしか現れないそれはつまり‥‥)」
「(日の光を浴びると石になるから‥‥)」

と調べたことにより色々と仮説が、

「(うなじが弱点とか‥‥)」
「(あれは攻撃を単調にさせるための
ブラフだとしたら‥‥)」
「日の出は近い!
足止めするだけで
化け鯨(ケートス)は倒せるんだ!!」
「うなじばかり攻撃していたら
全滅させられる!
あいつらに教えないと!!」

スポンサーリンク




カイはうなじのこともうまく騙していたんですね。
しかし我にかえり、

「ってバカかおれは‥‥」
「だからあれは夢の話だろ」
「まずいまずい」
「いい加減この現実を受け止めないと‥‥」
「しかし‥‥
あのズタボロ人形はなんだったんだ?」
「あれだけがどうしても‥‥辻褄合わない」

と思っていると、

「ん?」

と外を見ると、そのズタボロ人形が!

「(いた‥‥)」
「(あいつが!!!あいつだ!!)」

そのズタボロ人形は、機械のような右手
で手招きを。

「(あの時‥‥)」
「(あいつが見えた時に
おれは落ちてあの世界に転生した‥‥)」
「(ということは‥‥)」

「お待たせー」

と病室に入ってきた仁科が見たのは、

病室から飛び降りようとする陽太。

「陽ちゃん?何をしてるの?」
「ここ5階だよ?」

「ズタボロの巨大人形がいるんだ」

「どこに!?」
「どこにそんなものがいるの?」

「お前には見えないかもしれない」

「しっかりして陽ちゃん!!」

「しっかりしてるよ」

仁科にはズタボロ人形が見えていないんですね。
やはり。

陽太はというと、

「(落ちても転生出来ないかもしれない
そもそも落ちてこっちの世界で命を落としたら
転生出来ずにただ普通に死ぬかもしれない)」
「(でも‥‥少しでもあいつらを
助けられる可能性があるなら‥‥
おれはそれに賭けたいんだ!!)」
「(たとえそれで死んでも‥‥)」

ここまで決意できているんですね。

仁科はもちろん、

「陽ちゃん!!」
「さっき約束したよね!」
「絶対にもう飛び降りたりしないって‥‥」
「約束したよね!!」

と必死に。

でこの話はおしまいになります。
ここはやはり飛び降りるんでしょうね。

ラストの柱文は、

「あの世界へ戻れる保証はない。

幼なじみの声を背に、
それでも陽太は飛ぶかーー?」

次号は巻頭カラーでさらに
巻末グラビアではパラレルパラダイスの
コスプレ企画もあります!

こちらでの前話、48話はこちら。

こちらでの次話、50話はこちら。

以上が、パラレルパラダイス!ネタバレ49話「Scream/Dream」の感想!
ヤンマガ(漫画)より、岡本倫作

についてです!

お読み下さりありがとうございました。

スポンサーリンク




おすすめ記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です