畠山成幸八段プロフィール!エピソードや話題とは?

畠山成幸八段プロフィール!エピソードや話題とは?

畠山成幸八段プロフィール!エピソードや話題とは?
についてになります。





 

画像引用元 https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=DTHwRHYXyLGBBvjnYu82t0WHmJuBE375X5mG6Kr0MNoGH4O9ifMd0NEXm7SNBnW5w40wJ2WA2T58UWXqGpzhSJY4wYCdKjmmYKcuaIUuON746B81LP0hNz._iA9C_uz92Q59DLHyU_XRSxB_Lg–&sig=138cbus35&x=194&y=259

スポンサーリンク




 

プロフィール

 

プロフィール

畠山成幸(はたけやまなるゆき) Naruyuki Hatakeyama

棋士番号 193

生年月日 1969年6月3日(49歳)

出身地 神奈川県

師匠 森安正幸七段

竜王戦 4組
順位戦 B級2組

まずは、弟の畠山鎮七段とともに、
将棋界唯一の双子棋士で、さらに
、1989年10月1日に二人同時にプロ入り(四段昇段)し、
話題と驚きを呼びました。

(奨励会三段リーグから1つの期に四段昇段するのは原則2名だけであり、
その2名が畠山兄弟でした)

奨励会の頃に参加した第12回(1990年)
「若駒戦」(非公式棋戦)で優勝されました。

1994年度、第13回早指し新鋭戦で棋戦初優勝されました。

以前は英会話サロンをされておられ、
さらにブログもはっきり言う感じのでとても読み応えが
あったのですが、英会話サロンもブログもやめられました。
残念です。

他にエピソードに、

「フランス語も堪能で、
香川愛生女流三段と関西将棋会館の棋士室で
フランス語で会話していたという逸話がある。」

とのことです。

メディアに出るのとか好きでなく取材も好きで
ないそうで、あまり解説等で見られないのは残念です。

NHK杯出場したときのコメントが
私の方はあまり写さなくて大丈夫ですといった
感じのユーモアをこめて言っておられました。

ちなみに英会話サロンをされていたときは、
通算200人ほど講師の面接をされたそうです。

 

残念ながら質問には答えられておられずです><
スポンサーリンク




畠山成幸八段の若い頃の好みですが、

音楽 ニューミュージック、サザン、ユーミン、ANRI

本  歴史物、ジェフリー・アーチャー、シドニー・シェルダン

スポーツ テニス

好きなタレント 有森也実

目標の棋士 中原誠

好きな将棋 中原将棋(バランスがとれ、負けにくい)

とありました。

テニスは弟の鎮七段も同じ同好会でされていました。

あと、ジョギングもマラソン大会に出るほど好きで
腰痛対策になっているそうです。
代わりに足の張りと筋肉痛になったりだとか。

目のことにも気を配り、携帯やパソコンを見るときは
専用眼鏡をかけたり、外出時は冬でも紫外線カットの
サングラスをされているそうです。

しかし格好つけていると思われるのが嫌だそうで、
将棋連盟の近くや普及の仕事に行くときはされて
いません。

あと、本では、「ローマ人の物語」塩野七生先生の
大ファンで、棋書にも塩野先生の言葉が引用されています。

「天才とはその人だけに見える新事実を、
見ることのできる人ではない。

誰もが見ていながらも重要性に気付かなかった
旧事実に気付く人のことである」

選ぶセンスさすがですね!

棋書のコラムでは、「就活に苦しむ若者へ」

とメッセージを贈られています。

「~(略)~

アンケートで、
自分に自信がないと答えた若者の率が、
先進国では日本が一番多かったと
ニュースで見たことがありますが、

私は冷静に見て今の日本の若者は、
他国の若者と比べかなり優秀だと思います。

~(略)~

昔と今と違うのは、
若い人たちのひたむきな気持ちや、
必死さを悪く利用する企業や人が多いので、

頑張っても報われないケースが多いです。

「逃げたらいけない」の言葉を年配者は好みますが、
ボロボロになる前に誠意や熱意の通じない
企業や人からは逃げて、

頑張れる場所を選択してほしいと願ってます。

私は中卒、オール1で、
逃げたことは何度もありますが、
それでも人生やれています。

ほとんどの人は、
オール1の私より優秀なはず。

人生は一度や二度逃げても大丈夫です。

日本の若い人達に期待しています。」

とすばらしいメッセージを贈られています。
話の通じないことがあるので上手く逃げて
もらいたいですね。

オール1のことを自己開示されているのが
すごいですね。

あと、棋書の「将棋Q&A」はアマチュアの
方の盤面の質問をポイントを抑えて解説して
下さっているので良かったです。

アンケートは残念ながら回答されておりません。

以上が、畠山成幸八段プロフィール!
エピソードや話題とは?
についてになります。

お読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク




おすすめ記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です