パラレルパラダイス!ネタバレ51話「Re:birth」の感想!

パラレルパラダイス!ネタバレ51話「Re:birth」の感想!

パラレルパラダイス!ネタバレ51話「Re:birth」の感想!
ヤンマガ(漫画)より、岡本倫作

についてです!

次回は残念ながらお休みです。

7月30日(月)発売の35号に掲載です。

最新第4巻、発売されています。

期間限定の前話はこちら。 ←メンテナンス中でした><

こちらでの前話、50話はこちら。

こちらでの次話、52話はこちら。

岡本倫先生のツイッターからです。

 

前回まで

 

前回まで

「少女だけが存在する異世界に迷い込んだ陽太は、
彼女たちにかかった短命の呪いを解くため、
<嫉妬深い神>を倒す旅に出た。

海の町リールで化け鯨(ケートス)との
戦いで負傷し、
現実世界に戻った陽太だったが、

ズタボロの人形に攫(さら)われ
再び異世界に戻って来た。」

です。

さあ、現実に戻ってきましたが、

それでは、
パラレルパラダイス51話「Re:birth」になります。

ネタバレが大丈夫な方は本編へ。

 

 

 

パラレルパラダイス51話「Re:birth」

 

スポンサーリンク




表紙はルーミの剣をナナメに持った陽太。

煽(あお)り文は、

「勝機!」

最初の柱文は、

「再び異世界に戻ってきた陽太。

ルーミ達の命を救うため剣を振るう!!」

さあ陽太が帰ってきましたね。

ガーディアン達は血まみれですが。

化け鯨(ケートス)を切り刻む陽太。

「ヨータ!!どうして!?」

「詳しい話は後だ!!」

戦闘中なので、ゆっくり話せないですね。

「ケートスの弱点は日光だ!」
「日の出まで‥‥
こいつが逃げないように切り続ける!!」

その陽太の言葉にノアは、

「‥‥‥」
「そうね」
「(ルーミの剣は太陽と同じ白の属性
それが効くと言うことは‥‥)」
「(ケートスは日光に弱いのかもしれない)」

と陽太の意見に賛同しています。

「ハナハナ!日の出の時間は!?」

「もう‥‥すぐ‥‥」
「もうまもなくです‥‥」

と聞いているとケートスは口から、
ブレスを陽太に!

あはやブレスの餌食にというところで、

陽太の前に出てきたのは、
銛をもったティアが!

ティアの銛がブレスを寄せ付けず。

「ケートスの攻撃は青の属性だからね」
「この街のガーディアンが
持っている武器と同じ」
「こちらの攻撃がケートスに当たらないように
ケートスのブレスもこちらには効かない」

とすっかり逆転ですね!

化け鯨(ケートス)からカイの姿にもどりました。

「‥‥‥」
「エレメントの使いすぎよ」

とのことで、

しわくちゃになっていっているカイ。

「人間のくせに‥‥」
「ああぁあぁあああぁっ!!」

砂浜に倒れるカイ。

「冗談じゃねぇ‥‥‥冗談じゃねぇぞ‥‥」
「キモ‥‥キモを喰わねぇと‥‥」
「お前らの‥‥」
「キモを喰わせろ‥‥」

に当然

「‥‥‥」
「誰がやるか!!」(ピナコ)

ですね。

そうこうしていると、

「やべぇ‥‥明ける‥‥」
「夜が明ける‥‥」

と焦っていますね。
そして、

「<嫉妬深き神>!!<嫉妬深き神>よ!!」
「力を!!」
「もう一度私に力を!!」
「私に!!」
「力を!!」

と海の方へ向かって、
これに対し、

「今度は神頼みか」
「一体どこに向かって叫んでるんだ?」

「無様ね‥‥」
「私はこんな奴に‥‥」(ピナコ)

スポンサーリンク




太陽がでてくると、
嫉妬深き神はカイの叫びに応えることなく、
カイは石化していき、
完全に石化したあと、
崩れていき、
砂のようにさらさらに風に吹き飛ばされていきました。

「人の肝を喰らいながら三千年も生きたんだ」
「もう十分だろ」

カイのいたところに光るものが、
それに気付く陽太。
手にとり、

「あったぞ」
「水晶の欠片」
「最後の一つはあの女が持ってたんだ」
「探してもみつからないはずだ」

ついに水晶が完成しますね。

「でも‥‥
ちょっと間に合わなかったな」
「お母さんはもう
深い海の底に沈んでしまった」
「水晶は完成しても‥‥」
「助けられるのは20年後の大干潮まで
待たないといけないんだろ?」

なにか方法があるのでしょうか?

「(でも‥‥)」
「(また20年も海岸を掘り続けるよりは
大分マシか)」

と陽太が考えていると、
ノアは水晶の欠片をはめると、
水晶の光で小さかったノアが成長を!

にておしまいになります。

ラストの柱文は、

「水晶の力が、
ノアの体を成体へと変えてゆき‥‥!?」

以上が、パラレルパラダイス!ネタバレ51話「Re:birth」の感想!
ヤンマガ(漫画)より、岡本倫作

についてです!

次回は残念ながらお休みです。

7月30日(月)発売の35号に掲載です。

こちらでの前話、50話はこちら。

こちらでの次話、52話はこちら。

お読み下さりありがとうございました。

スポンサーリンク




おすすめ記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です