キングオブアイドル53話のネタバレ感想!

キングオブアイドル53話のネタバレ感想!

キングオブアイドル(KOI)53話
「波瀾の夏フェス!ステージへのわかれ道!㊤」の感想!
についてです。

ネタバレ満載ですのでご注意ください。

前話、52話はこちら。

若木民喜先生のブログはこちら。

クラスメートのみなさんです。

http://websunday.net/rensai/koi/

 

前号まで

 

前号まで

「番組収録のため、
瀬奈とまほろはテレビ局へーー
そこには、
まほろの幼なじみで、
今やスーパーアイドルのハルトが!

だが、
ハルトは
「金がすべて」
なナメたアイドルで…
怒り爆発のまほろ!

まほろ&瀬奈に興味のない
アウェーな観客を前に、
アカペラで「全力」ステージを見せる!

二人の気迫によってステージは成功!

でも、
ハルトは今後も厄介なライバルになるかも…!?」

です。

金が全てのハルト、
なぜか憎めないキャラクターです。

 

用語解説

用語解説

それから用語解説です。

● NEMS(ネムズ)…National Entertainment & Music School。

日本最高峰の♀(ガールズ)アイドル養成学校。
全寮制で職員も女子限定。

● IOS(アイオス)…Imaginary Object Synthesizer。

NEMS(ネムズ)が開発した、
人のオーラ的波動
・ウェイブを“形”に変換する特殊端末(デバイス)。

IOS(アイオス)を経て発生した
オブジェクトで舞台(ステージ)を幻想的に演出する

ーーこれによりNEMS(ネムズ)所属のアイドルは
唯一無二の存在になっている。




それではキングオブアイドル(KOI)53話
「波瀾の夏フェス!ステージへのわかれ道!㊤」の感想!
についてです。

それでは本編へ!

 

キングオブアイドル(KOI)53話「波瀾の夏フェス!ステージへのわかれ道!㊤」

 

スポンサーリンク




表紙はまほろ、男性バージョン?と
女性バージョン?が向かい合っています。

煽(あお)り文は、

「♂と♀ーー

「2人」の

夏は、

大忙し!!」

最初の柱文は、

「次の舞台(ステージ)はーーフェス」

前回はTV局でしたね。

アイドル・エキスポ・トーキョーが開催されています。

1日で100組以上のアイドルが登場とのことです。

瀬奈はアピールできるかを心配していますが、
まほろはチェキを色んなアイドルととりたいと
興奮しています。

そこに、

「おい、まほろどけ!」
「通行のジャマだ!」

と現れたのはハルト率いるブラックナイト、
ハルトは支配のうちわで扇いでいます。

「おいハルト!!」
「今日こそちゃんと歌えよ!!」

「歌う訳、」
「ないだろ!!」

ブレず?に

「ろくにギャラも出ないこんな
寄り合いイベントで、」
「くそ暑い中歌えるか!!」
「今日のオレたちは、」
「物販強化体制だ!!」
「売って売って売りまくるぞ!!」

台車を(笑)ひいていっています。

「(アイドルとゆーより行商人だな…)」

まさしく行商人といった感じです

それから、瀬奈は着替えに。

まほろは男子でも、女子での更衣室で
着替えられないのであらかじめ
着替えています。

「(女装男子用の更衣室があればいいのに…)」
「(ムリか…)」

ひとりボケツッコミを。

瀬奈は更衣室で他のアイドルの方にちょこっと
言われたりでアウェー感を。

待ってるまほろは、変な人に気づきました。
スマホをいじっている人に
声をかけ、走ってちかより、スマホを見ると、
瀬奈が着替えようとしている写真が、
バレたので逃げ出しました。

「あれは……」
「盗撮だ!!」

「(更衣室にカメラを仕込んで
ケータイで遠隔操作する!)」
「(NEMS(ネムズ)の授業で習ったやつだ!)」

おいかけるまほろ。

そこにブラックナイトの行商(笑)が、
ぶつかってしまい、

「まほろー!
オレの商品に何をする!」

「ハルトーー!!」

といがみあう二人。

スポンサーリンク




瀬奈が盗撮されたことを告げ、
逃げた人物を見なかったかと問うと、
見たかもなと。
どこ行ったに、

「まあ落ちつけ。」
「オレたちのグッズを見ていけよ。
話はその後でもいいだろ?」

とグッズを買わされました。

「あっちに行ったぞ。」

「余計な手間とらせやがって!!」

盗撮犯が男子更衣室に入ったのを見て、

「女なら男子更衣室に入れないと思ったか!!」
「でもボクは男なんだよ!!」

とカツラを脱ぎ更衣室へ、
扉を開けると中は超満員でした。

男組128という128人組のアイドルでした。

入口が一つなので見張っていたのですが、
分からず、犯人は男組128のメンバーかと、

すでに瀬奈と待ち合わせの時間は過ぎ、
まほろは、犯人を追いかけるかステージにいくかに
迷います。

そしていよいよまほろ達の出番が近づいていますが、
瀬奈はいますが、まほろはきておらずです。

瀬奈は、

「だ、大丈夫です。」
「私一人でもやります!」

と決意を固めます。
しかし一方、

「(どこ行ってるの…!)」
「(早く来てまほろ!!)」

との思いも当然。

ラストの煽(あお)り文は、

「瀬奈への盗撮犯を捕まえたい!

が、
ステージはもくすぐ!

まほろの選択はーー」

以上が、キングオブアイドル(KOI)53話
「波瀾の夏フェス!ステージへのわかれ道!㊤」の感想!
についてです。

お読み下さりありがとうございます!

スポンサーリンク




おすすめ記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です