パラレルパラダイス!ネタバレ60話の感想!

パラレルパラダイス!ネタバレ60話の感想!

パラレルパラダイス!ネタバレ60話
「リフレイン」
の感想!
ヤンマガ(漫画)より、岡本倫作

についてです!

期間限定の前話はこちら。

こちらでの前話、59話はこちら。

こちらでの次話、61話はこちら。

単行本5巻が発売中ですね!
ハナハナが表紙です!

次号は巻頭カラーになっています!

 

岡本倫先生のツイッターからです。

岡本先生、ライブによく行かれていたんですね!

 

前回まで

 

前回まで

「少女しかいない異世界に
 迷い込んだ陽太は、
 彼女たちの短命の呪いを解くために
 <嫉妬深き神>を倒す旅に出た。

 海の町・リールで、
 呪いを解く鍵が砂漠の町・
 サンドリオにあることを聞いた陽太は、
 ルーミと共に海路でサンドリオへ。

 途中、海獣グラコスに襲われ船が漂流ところに、
 リールで助けた人魚・ノアが現れる。

 ノアは歌で嵐を呼び船を動かすも、
 船は波に飲まれ、大破する。」

です。

表紙は凛々しいルーミの全身の立ち姿。

ソードを持って。

煽(あお)り文は、

「どんな困難も切り拓く。

あなたのためにーー。」

それでは、
パラレルパラダイス60話
「リフレイン」になります。

ネタバレが大丈夫な方は本編へ。

 

 

 

パラレルパラダイス60話「リフレイン」

 

スポンサーリンク







最初の柱文は、

「大嵐により船は大破。

流れ着いた先はーー。」

さあ、どこに流れ着いたかというと、

暖炉(だんろ)がある家のベッドに
病院服のようなのを着て眠っているルーミ。

目を覚まし、立ち上がると、見知らぬ家。

そこにリノとマカナが嬉しそうに声をかけ、
ルーミが起きたのを喜んでいます。

「我々はあの方に助けていただいたのです!」

と椅子に座って刺繍をしていた片眼鏡の後ろに
リボンがある女の子。

ルーミにまだ休んでいたほうがいいですよと。

椅子に座っていた女性はマヤといい、
家まで運び武器も拾い、服を今直しています。

ルーミは陽太のことが気にかかりますが、

いなかったとのこと。

なので剣を持ち、外にでて、
ヨータと泣き叫びますが、
どうしようもありません。

マカナは、目的地がサンドリオなので、
そこにいけば落ち合えるかもと。

なのでサンドリオに向かうんでしょうね。

場面は変わり、
入江に、そこに白ずくめの二人が、

「いた」

とみつけたのはうつぶせに倒れている陽太。

首の脈をみると、

「死んでる」

となったので、
リールの町でのケートスでの戦いで
死んだときのように、

現代の病院へと。

スポンサーリンク







陽太は、

頭にも包帯をまかれ、不気味な表情に。

「早いな」

と見ていたのはズダボロ人形。

「一体何なんだよお前?」
「お前は誰なんだ?」
「一体何のためにこんなことを
するんだ?」

と問いかけると、

「そりゃヨータが好きだからさ」

となんと言葉を発しました。
そのセリフが好きだからと
さらにかぶっていたものに手をかけ、
陽太も、

「えっ?」

となり、
ズダボロ人形の正体が!

「‥‥‥」
「なんで?」
「リリア‥‥」

正体はリリアだったんですね!

ラストの柱文は、

「ズタボロ人形の正体は、リリアーーー!?」

ですが、いっちばん最初の異世界にいく時は、
胸の大きい女性の姿があったので、
なんらかの条件で来れる人がいるんでしょうね。

仮説として、首にアザのでないのが現代に来られる
んじゃないかと思っています。

次号は巻頭カラーです!

 

以上が、パラレルパラダイス!ネタバレ60話
「リフレイン」
の感想!
ヤンマガ(漫画)より、岡本倫作

こちらでの前話、59話はこちら。

こちらでの次話、61話はこちら。

お読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク







おすすめ記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です