パラレルパラダイス!ネタバレ61話の感想!

パラレルパラダイス!ネタバレ61話の感想!

パラレルパラダイス!ネタバレ61話
「天獄(てんごく)と地極(じごく)」
の感想!
ヤンマガ(漫画)より、岡本倫作

についてです!

期間限定の前話はこちら。

こちらでの前話、60話はこちら。

単行本5巻が発売中ですね!
ハナハナが表紙です!

岡本倫先生のツイッターからです。

それでは、
パラレルパラダイス61話
「天獄(てんごく)と地極(じごく)」になります。

ネタバレが大丈夫な方は本編へ。

 

 

 

パラレルパラダイス61話「天獄(てんごく)と地極(じごく)」

 

スポンサーリンク







表紙はカラーでルーミ。
手を頭の上で剣先を斜め下に向けています。

新章サンドリオ編突入ということで

今までのストーリーが書かれています。

さて、ズダボロ人形の正体は弓使いリリアでしたね。

リリアは陽太の病院で、また飛び降りないように
腰のあたりをベルトで固定されていたのですが、
それを切り、陽太の胸ぐらをつかみ持ち上げます。

「どうして‥‥」
「リリアが‥‥」

「どうして?さっきも言ったはずだよ」
「ヨータが好きだからさ」
「人間の半分が男のこの世界でも‥‥」
「ボクはヨータが好きだ」

とリリアは陽太を窓の外へ吊り上げています。

そこでも、

「お前が好きなのはおれとの〇  尾だろ‥‥」

「そっ‥‥そんなことないよ!!」

と動揺を見せるのは上手いですね。

「気をつけて
ヨータをあの世界に
連れて行けるのはこれが最後」
「次はもう落とせないほど
その体がぐちゃぐちゃになってるから」

これがラストなんですね。

リリアはそういうと、手を離しました。

「また後で交  〇しようね」

場面はルーミ達のところ、

サンドリオに向かうことを告げると、
片眼鏡のマナは、

「サンドリオは城塞に囲まれた町」
「決して部外者が入ることは
許されない閉ざされた町なのです」

ルーミはリールの町のガーディアンを知っていたり
だったので、一通りの町を知っていると思っていたの
ですが、違うんですね。

さらに、

「噂では崩月(ほうげつ)を防ぐ
術(すべ)さえあると言われています」

「!?」

サンドリオにそんな噂があるんですね。

しかし、

「町に近づこうとしただけで全て殺されます」
「この数百年ただの一人の
侵入者も許していないのです」
「それでも侵入する
覚悟があるのならどうぞ」

と侵入を許さない町なんですね。
砂漠の町サンドリオは。

その脅し?のような言葉にもルーミは、

「だからそんなの関係ないって言ってるでしょ?」

と、かっこいいですね!

「町へ入るなんて言ってない」
「ヨータに出会えればそれでいいの」

と肝が座っています!

警備が厳重ならヨータも町に入れないので
町の周りでさがせばいいと。

その決意に片眼鏡のマナは、

「そういうことでしたら仕方ありませんね」

と、所用があるので町の近くまで行くので
道案内をする、と。

「折角(せっかく)あなたたちを助けて‥‥」
「服まで直したのに‥‥」
「みすみす死なれては全部無駄ですし」

とマナを笑顔を見せます。

こういうの反則ですね。

スポンサーリンク







場面は、ベッドの上で多くの人影が音を
たてています。

陽太は目を覚ますと、
口には欲情の泉とでてくるところが。

5人くらいがベッドの上に、興奮しています。

それを立ってみている、前回にもでてきた
正体不明のフードで包まれたものが、

陽太は起き上がり、
フードで包まれたものに、

「なんなんだこれは!?」

「わかっているだろう?」
「太多陽太」
「お前と交尾をすれば
手軽に崩月を免れる」
「お前は一生ここで交尾
していればいい」

陽太のことを元の世界からのことを
知っていそうですね。

さらに崩月を免れることも。

それに対し、陽太は怒りをあらわに、

「一体お前は何者だ?」
「そこをどけ!」
「用が済んだらいくらでも〇  尾してやる!!」
「おれは‥‥」
「ルーミたちとサンドリオの町に
行かなくちゃいけないんだ!!」

にフードをかぶった人物はピストルを!
陽太の足元に撃ちました。

「(銃器!?)」

フードをとって現れたのは眼鏡をしたメイドの
格好した女性。

「ならここでおとなしく交  〇していろ」
「ここがお望みのサンドリオだ」

サンドリオには現代から呼べるように
なっている感じなんですね。

町に入れない理由もわかりますね。

ラストの柱文は、

「謎の銃使い(ガンナー)メイド、登場!!」

以上が、パラレルパラダイス!ネタバレ61話
「天獄(てんごく)と地極(じごく)」
の感想!
ヤンマガ(漫画)より、岡本倫作

お読み下さりありがとうございました。

スポンサーリンク







おすすめ記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です