利かし 将棋用語辞典

利かし 将棋用語辞典

「利かし」

部分的な数手のやり取りで得をすることを、
利かしと呼びます。

逆にこれをされた側は利かされといって、
プロが嫌う形です。

    
               (西田拓也)

         将棋世界2021年3月付録
         知っておくべき将棋用語  より

きかし【利かし】

将来、役に立つような手の交換をしておくこと。

  
  羽生の眼

歩の突き捨てや、歩を叩くなど、歩の着手で
あることが多い。

その手に対する相手の応手がない場合は利かし
とはいわない。

すぐに効果があるということではなく、
のちのちプラスになる手の交換であるので、
先を見越した読みが必要になる。

           読む将棋百科(2009年)より

個人的な感想です。

利かされるとプロが嫌う形というのですね。

以上が、利かし 将棋用語辞典になります。

お読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です