パラレルパラダイス14話感想と内容、ネタバレあり、岡本倫作

パラレルパラダイス14話感想と内容、ネタバレあり、岡本倫作

2週間ぶりのパラレルパラダイスになります。

こちらで先週分は読めます。

当サイトでの先週分はこちら。

当サイトでの次回、15話はこちら。

ヤングマガジンの公式ツイッターからです。

8月4日(金)に単行本の発売予定についてですね!

岡本倫先生からのツイートです。リツイートされたのも紹介します。

 

帯の前回までです。

 

「少女ばかりの異世界に迷い込んだ陽太は、
ルーミ、リリアと、次々と発情させてしまう。

ルーミは一考し、
彼の存在を同僚の騎士達(クインテット)と
共有することにした。

神鳥(ジーニアス)から、
処女のまま成人すると死ぬ、
という呪いの話を聞いた陽太は、
ルーミのために交 尾をする。

次はリリアと‥という矢先、
町の少女たちがカルに襲われ、
ルーミが救援に向かったことを聞く。

ルーミとリリアがカルに犯されそうになったその時、
陽太が彼女たちを助けた。」

になっています。

 

それでは、本編へ!

 

“パラレルパラダイス14話感想と内容、ネタバレあり、岡本倫作” の続きを読む