魔王城でおやすみネタバレ103話「借りぐらしのスヤエッティ」の感想!熊之股鍵次作

魔王城でおやすみネタバレ103話「借りぐらしのスヤエッティ」の感想!熊之股鍵次作

魔王城でおやすみネタバレ103話「借りぐらしのスヤエッティ」の感想!
熊之股鍵次作
についてになります。

設定もわかっていないところもありますが、

好きな作品ですので見ていきたいです。

サンデーうぇぶりで見れる話がありますね!

https://www.sunday-webry.com/series/1004

どんなマンガかというと魔王城で囚われている姫が好き勝手に、
動き周り、理想の睡眠を求めています。

だいぶあいてしまいましたが、
どんどん面白くなっています。

 

先生のツイッターよりです。

103話「借りぐらしのスヤエッティ」です。

それでは、本編へ!

 

 

 

103話「借りぐらしのスヤエッティ」

 

スポンサーリンク




出だしは、

「(姫の部屋に…異変が起きていた。)」

どんな異変かというと、

「あれ…?」
「(ここにあったクッションがない?
最近やたらと物がなくなるな。)」
「(没収の時は声掛けがあるし、
無くしちゃっただけか…?)」
「(ん!?
なんでこれがここに?)」

と姫はロザリオやツノピアスがありました。

「(おかしい…絶対おかしい。)」

と疑問に思いますが、
そこは姫。

「(でもまぁここは魔王城だし、
とりあえずお気に入り枕で
一眠りしてから考えるとして…)」

と寝ようとすると、
枕を抜き取られました。

顔をあげると、
大根?のような、

「(ミニサイズ姫(根菜)!?」

と不思議な生き物が。

「ど…」
「どらーー!」
「どららー!」

と可愛らしい?声が。

ともかく枕を持って壁の穴に逃げていきました。
ミニサイズ姫が。

姫は昨日のことを思い出し、

「あんらぁ姫~♪これお知らせよぉ。」
「なんでも、以前姫がマンドラゴラ中毒になったとき
頭から引っこ抜いたマンドラゴラちゃんが
行方不明になってるらしいわぁ。」
「自立移動してるみたいだから気を付けてねぇ~」

ここで煽(あお)り文。

「妙ですね…もしかして、誰かのイタズラでは?」

配られてきた手配書を見ると、
さっきみたミニサイズ姫、
仮称・姫ドラゴラ

「完全にこれだーー…!」

と分かりました。

「(仮称・姫ドラゴラ…)」
「(どうりで親しみのわく造形。
しかし…)」
「(私のお気に入りの枕を盗んだ罪は重い!)」
「(よりにもよって私の部屋に
忍び込むとは…捕まえてやる!!)」

と意気込んだ姫は、
先ほど逃げ込んだ穴を覗くと
枕を背負って優雅に暮らしていました。

それには、姫は、

「(忍び込んでるというか、)」
「(普通に暮らしてる!)」

まくらを返しなさいとまくらを姫が掴むと
姫ドラゴラは涙目に。

いい寝具があるとなぜか通じ合い、
姫が目をそらした隙に、
姫ドラゴラは抜け出しました。

そこに食事を持ってきたさっきゅん。
姫から指令で逃げ出さないように扉を
閉めました。

姫は姫ドラゴラの行動の一つ一つに、

「人から寝具を奪うなんて悪質な!」
「魔物の持ち物を取って武器にするなんて!
なんて悪質な…」
「小型爆弾を装備するなんて悪質な…」

にさっきゅんが同意というより、不思議な反応なので、
それにより姫は気づいてしまいました。

「もしかして…私…普段この子と同じことしてる?」

「う…うん…」

とうなづくと落ち込む姫。

「ひ…姫……」
「も、もしかして…反省して…?」

スポンサーリンク




と姫は姫ドラゴラが住んでいるところへ行き、
まくらをつかむと、

「ふ…ふふふ…
思った通りだ…」

「ひめ…!?」

「素晴らしい枕作りの腕前…
君は私と同じなんだね…」

「え…!?」

となり、突如豹変(ひょうへん)し、

「それなら仕方ないよね…!!!
どんな行為を働いたって、
安眠のためなら仕方がないもんね!!!!」

「評価が一変したぁーー!?」

となると話はすすみ、
お互いの枕を交換し、
褒め称えた感じになり、

「こんな枕を作る子に、」
「悪い子はいない……」

と手をとって踊っています。

ついていけなく焦るさっきゅん。

さらに姫達は、

「お互いの枕で眠って…
仲直りしようね…★」

と。

「なんか知らないけど和解したーーー!?」

と驚くさっきゅん。

姫と姫ドラゴラは抱き合って仲良く眠りました。

ちなみに姫ドラゴラは前にマンドラゴラの回のとき
の影響ででてきたとのことです。

翌日になると、姫は、

「ねぇ影武者。
ひめどらちゃんと仲直りはしたけど…
私たち、一緒に暮らしたら
素材の奪い合いになると思うの。」

「そうだね…」

「だから、はい。」

「エッ。」

「その子は私にそっくりだから…
一緒に暮らすと影武者の勉強になると思うよ☆」

「うそでしょ!?
ちょっとーーー!」

「(さっきゅんの心配事が
また一つ増えた)」
(とてもかわいそう)

姫と関わったばっかりにさっきゅんの受難は
続いていますね。
大金が入ったりはしていますが。

 

姫は姫ドラゴラを渡すと一目散で逃げていきました(笑)

ラストの柱文は、

「似た者同士、謎の絆が生まれたっぽい。

…次号、勇者戦!?」

 

以上が、魔王城でおやすみネタバレ103話「借りぐらしのスヤエッティ」の感想!
熊之股鍵次作
についてになります。

お読み下さりありがとうございました。

スポンサーリンク




おすすめ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です