プレイボール2!26話「試合は生き物」の感想!

プレイボール2!26話「試合は生き物」の感想!

プレイボール2の26話「試合は生き物」の感想!
グランドジャンプ(漫画)より、
ちばあきお原案、コージィ城倉作です。

ネタバレしていますのでご注意ください。

このブログでの前話、第25話はこちら

このブログでの次話、第27話はこちら

 

前話まで

前話まで

前話までです。

「遂に開幕した夏の予選。

墨谷は強豪校ばかりが揃う
“死のBブロック”
に入ってしまう。

初戦の相手は、
昨年秋のブロック予選で墨谷に敗れ
リベンジに燃える東実。

墨谷は1回に1点を先取。

その後も佐野の剛球を捉え押し気味に試合を進める。

一方、
先発の井口を攻略したい東実は?」

です。

プレイボールらしい試合運びですね。

それでは、ネタバレが大丈夫な方は、

第26話「試合は生き物」へ

 

 

第26話「試合は生き物」

 

スポンサーリンク




表紙は前号の続きで、

1対0で墨谷のリード、

これから二回裏の守備につく墨谷ナインがベンチ
から出て行っているところです。

「しまって行こう!」

煽(あお)り文は、

「試合は2回裏へ!!
ここまでは墨谷が押し気味だが!?」

そして、最初の柱文、

「墨高打線は佐野の剛速球を悉(ことごと)く捉える。

一方の井口、初回は東実のバント攻めに苦しんだが?」

2回の攻撃についてふりかえる観客席の前キャプテン
田所。応援団の人に説明しています。

今まで竹バットで練習試合をしてきたことを語り、
変化球でも竹バットでやってきたので、
集中力が養えたと。

金属でも捉えられていたので、

「今の回はたまたまアンラッキーがあったり
ファインプレーに阻まれたが……」」
「すごい打球ばかりだった…」
「本来だったら最低でも2点は入ってたな」

と。

そして浪国、師岡との練習試合の後も
練習試合があり、そこでも金属を使ってとクレームが
あったりですが、
結局、竹に戻して練習試合に挑んだことが語られ、
それでも墨谷は勝ち続けたようです。

「谷口はガンコに……」
「コツコツと芯に当てていく野球を通してきた」
「それが今実ってきているのかもしれねェ」

その後試合展開にふれ、

「東実がバント攻めで来てるってことは
何か策を弄してるんだろう」
「だが谷口は違う」
「自分達の練習の成果を信じようとしている」
「打って打って打っていって
点を取ろうとしている」
「その考えや良し!」
「としてーなおれは」

と田所は喜んでいますが、
墨谷は金属バットでのバント練習は間に合って
いないので失敗する確率が高いので
ヒッティングに。

これが味方をも?惑わしていい感じになっているん
ですね!

スポンサーリンク




そうこう話していると、
東実のこの回の先頭打者がセンター前ヒット、
バントで着実に送り、
次の打者は佐野。

その佐野も送りバント。
ツーアウト3塁。

次の打者がいい当たりだが、
ファーストライナーで、谷口のいファインプレー!

でスリーアウトチェンジ。

3回表は9番の半田から、
バントが得意と東実も分かっており、
セーフティーかと佐野は前にでるが、
半田もヒッティング。

佐野の球に完全に振り遅れだが、
ファールゾーンのファーストライナー。

佐野は、

「(う……)」
「(こんな奴にもミートされた)」

とショックに。

田所もバント専門の半田の当たりだけに
驚いています。

続いて気合が入っている丸井。
しっかり捉え、ピッチャーへライナー、
センターに抜ける!といった当たりを
佐野がファインプレー!

それに田所は、

「「打たれても打球が野手の正面をつく時は
いいボールが行ってる証拠」」

とつまり佐野のも調子が悪いわけではなく、
いいボールがいっていますね!

こういった展開に田所に危惧が、

「こんなことが続いたら逆にコッチが
イヤな感じがしてくるぞ」

次打者はイガラシ。

これもまたピッチャーの右へ鋭いライナー!
これも佐野が反応し、ファインプレー!

「佐野!執念の守備!」

「これは良くない傾向だ」
「試合の流れが東実の方に行っちまう」

谷口は去り際に、

「さ…」
「佐野…」

とあまりのファインプレーのすさまじさに
声がでたんでしょうね。

ラストの柱文は、

「佐野の剛球を確実に捉えている墨高打線だが、
ホームは遠い。

試合の流れはどっちに!?」

次号12号は、得点を許さない佐野の執念…!
「燃える男!佐野」の巻

になります。

以上が、プレイボール2のネタバレ26話「試合は生き物」の感想!
グランドジャンプ(漫画)より、
ちばあきお原案、コージィ城倉作です。

このブログでの前話、第25話はこちら

このブログでの次話、第27話はこちら

お読み下さりありがとうございました。

スポンサーリンク




おすすめ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です